スタッフ研修 2-2

今回は私の家で使いにくい所をスタッフと一緒に改善したスタッフ研修2-1の続きです。

我が家の2畳の大きさの洗面所を改善しました。

①出しっぱなしのドライヤー、ヘアアイ ロンを引き出しにしまう。

②多すぎる雑巾(ウエス)を減らして持つ数を決める、収納場所を変える。

③洗面台の戸棚をの不要な物を出し使用頻度の少ないものをしまう。

④タオルが届かない家族がいたので家族が届く位置に移動。

⑤色の違うフックを白で統一。

と沢山案を出してもらって改善しました。今回は②についてお届けしたいと思います。

床下収納があるのですが浅くて洗剤の買い置きが収まらないので何を入れようか迷ってしまいました。
出し入れも少し面倒でたまにしか開けませんでした。

使用頻度が少なくて収納出来るもの…
「ウエスは?」
となり入れてみました。
破れた洋服やゴムの延びたこどものパンツやボロボロのタオルなどです。
家の掃除に使って捨てているのですが置き場と置く量に困っていました。

私よりきちんと物を捨てられるスタッフから
「使いながらここへ入りきらなくなったらこの袋を結んで布の回収日に出すのはどぉ?」
と進められやってみることにしました。
私が捨てることを決められなくてもこの床下収納が捨て時を決めてくれると言うわけです(笑)
ここから出して小さく切ったものをキッチンに置いて油で汚れた食器やフライパンを拭いてから洗っています。牛乳をこぼした時も布巾に匂いが残るのでウエスで拭いて捨てています。地球にも優しいと思うのでおすすめです。

みさこ